花咲ガニのおいしい食べ方と特徴

花咲ガニという名前を聞いたことはありますか?もしかしたら、今初めて知ったという人もいるかもしれません。花咲ガニは限られた地域でしか獲れず、漁獲量も少ないため知る人ぞ知る存在のカニです。

北海道の観光資源、花咲ガニ

花咲ガニはオホーツク海や根室、釧路周辺の海に生息しています。北海道以北の狭い地域でしか獲れないため、道民以外への知名度は低く通しか知らない存在でしたが、近年はその味の良さから旅番組やガイドブックなどで紹介されるようになり、北海道観光の目玉の一つとして人気が急上昇中です。

花咲ガニの特徴

花咲ガニの特徴は、ずんぐりした体型と全身を覆う長い棘です。名前の由来は、茹でると体色が鮮やかな赤に変化するからとも、国内の主要な水揚げ場所である花咲港からとも言われています。国内での漁期は根室では7~9月、釧路で3月~7月の春から秋にかけてとなっており、それ以外の時期はロシア産のものが出回ります。ちなみに花咲ガニは、タラバガニと同じく「カニ」という名前の「ヤドカリ」の仲間です。大きな甲羅や太い脚は、タラバガニにも共通するヤドカリの特徴なのです。

おすすめの食べ方

花咲ガニはこくのある濃厚な味が特徴です。一般的には非常においしいとされていますが、やや好みの分かれるところもあり、淡泊な味を好む人には花咲ガニよりもタラバガニの方がよいと評価されることもあるようです。また、オスとメスでは身はオスの方が旨みが強く、メスは身の味はオスよりも劣るものの卵が珍味として重用されています。購入する際は身を楽しむか、卵を楽しむかの目的に合わせて雌雄を選ぶとよいでしょう。

花咲ガニの最も一般的な食べ方は、他のカニと同じく茹でガニです。ボイル済のものが冷凍で売られていることも多く、そうした商品は解凍するだけで食べることが出来て便利です。なお、解凍の際には旨みが逃げないよう必ず冷蔵庫でゆっくりと解凍し、ミソの流出を防ぐため、腹が上に来るように仰向けにして置くようにしましょう。主要な水揚げ地である根室には、花咲ガニを使った「鉄砲汁」という郷土料理もあります。ぶつ切りにした花咲ガニの脚を殻で出汁をとった味噌汁に入れたもので、カニの身の甘さと濃厚な出汁を同時に味わうことが出来るカニ好きにはたまらない調理法です。鉄砲汁という変わった名前の由来は、箸でカニの脚をほじる様子が鉄砲の弾を込める姿、あるいは鉄砲の筒を掃除する姿に似ていることからと言われています。

同じヤドカリの仲間であるタラバガニのミソは食用に向きませんが、花咲ガニの場合はミソも食べることが出来ます。少しくせのある甘さで、スプーンなどですくってミソだけを味わってもよし、身と絡めて食べてもよし、さらに日本酒を加えて甲羅に入れて焼くという通の食べ方もあります。花咲ガニのミソはゆるいため、ミソを取り出す時には流れ出してしまわないよう注意してくださいね。いずれの調理法でも、花咲ガニのトゲは非常に硬いため、調理の際や食べる時には怪我をしないように気をつけましょう。

生食は出来る?

新鮮な生の花咲ガニであれば、刺身で食べることは可能です。入手するのは地元以外では比較的難しいですが、業者によっては通販が可能なこともあります。どうしても刺身など生で食べたい場合は、必ず生食可能の表記がある商品を選びましょう。それ以外は加熱調理が大原則です。

刺身にする場合は怪我を防ぐためなるべく軍手を使用し、ハサミなどを使って殻を剥きます。普通、カニの刺身は氷水にさらして身を引き締めることが多いですが、花咲ガニの場合は元々弾力が強いため、身を締めると固くなりすぎてしまう可能性があります。氷水で締めるかどうかは食べる人の好みによって判断するとよいでしょう。刺身は好みの調味料をつけてそのまま食べてもよいですし、カニしゃぶに使うことも出来ます。

Top