カニをお正月に食べたい!ベストな注文時期を教えます。

お正月に家族や親戚が集まると、おせちの他にもちょっとぜいたくな食材を用意するご家庭も多いことでしょう。中でも人気なのがカニ。奮発した感がありますし、茹でるときれいな赤色になってお正月のおめでたさを引き立たせてくれます。しかし、年末年始は注文が殺到しやすいため、良い商品をスムーズに手に入れるためには早目の注文を心がけることが必要です。

年末年始は業者が混み合う!

お正月食材として人気なだけあって、年末年始はカニを扱う業者に注文が殺到しやすくなっています。業者も注文数の増加を見越して普段より多く仕入れてはいますが、それでも人気の高い商品の場合は売り切れが発生してしまうこともあります。また、漁獲量が気候などに左右されやすいため、不漁の場合には入荷自体が十分に出来ない可能性もあります。それだけではなく、中小規模の業者の場合はあまりにたくさんの注文はさばけないため、締切を早めに設定していることもあります。

あの業者からカニを買いたかったのに気がついたら注文の締め切りが過ぎてしまっていた…、まだ大丈夫とたかをくくっていたら品切れになってしまっていた…など、お正月早々悲しい思いをする羽目にならないためには、しっかりと目当ての業者の注文締め切り日を把握し、早目早目の行動をすることが大切です。

注文日と発送日のズレに注意

カニの販売業者の中にも、年末年始に休みをとるところもあれば、年末年始でも営業しているところもあります。それなら、年が明けてから注文しても大丈夫ではないか?と思ってはいけません。営業しているとはいっても、注文受け付けや問い合わせへの対応はしていても、発送は即日ではなく三が日が過ぎてからなどになるケースが多く、必要な日までに届かない可能性も十分に考えられるためです。注文の際には、いつ頼めばいつ届くのかをしっかりチェックすることです。もし明記がない場合は、大丈夫だろうと軽く考えるのではなく、メールや電話で問い合わせをするようにしましょう。また、土日を挟む場合も発送が週明けになることがあるので注意が必要です。

業者選択の際は地域もチェック!

注文から到着までなるべく短い時間でスムーズに済ませたいのであれば、注文先の業者がどの地域にあるのかも大事なチェックポイントになります。当たり前ですが、自宅から遠い地方の業者に頼めばその分到着は遅くなります。そして、注文から到着希望日までの時間が短ければ近い地方の業者にしか頼めない=その分選択肢が狭まるということです。たとえば北海道の業者から届けてもらう場合、本州でも南に行くほど到着日は遅くなりますし、四国九州沖縄などになるとさらに時間がかかります。

また、通常カニは冷凍で届くため、カニを食べる前に冷蔵庫で解凍することを考えると、出来れば食べるその日に到着するのではなく一日程度の余裕も考えて到着日を指定しなければなりません。ただでさえ年末年始は荷物の増加や交通渋滞による遅配が発生しがちです。どの地域の業者に何日までに注文すれば希望通りに届くか綿密に計算する必要があるでしょう。

まとめ

お正月にカニを食べたいなら、とにかく早目の行動が必須です。目当ての業者がある場合は、必ず注文締切日を確認し、ある程度の余裕をもって到着日を指定しましょう。また、早目の業者チェックをすればその分多くの業者を比較出来たり、早割でおトクに購入できることもありますよ。

Top